なぜビジネスはゲーム化すると上手くいくのか?

あなたは、ビジネスを加速的に成長させれたらいいと思いますか?

そして感謝されながら、何度も再現可能なシステムがあったら知りたいと思いませんか?

ビジネスを成功させる2つのコツは、

①数値において計測可能にする

②自分ひとりでなく、他の人の協力を借りるという方法です。

 

そしてこの2つの要素を楽しみながら、かつ成果を上げながらやるシステムが「ゲーム化するということ」です。

それでは、そもそもゲームって何でしょうか?

テレビゲームやスポーツなどもゲームとして表現されますよね?ゲームとは、ある特定のルール下で競い合って、勝敗を競うものを一般的に指します。

 

ドラゴンクエストの例を出すと、勇者は、ほかの仲間を作りながら、自分自身や仲間を鍛えていく。そして最終的にボスを倒したらゲームに勝つという算段です。ここでは、勇者は決して一人で戦いませんし、あとどれくらいの努力(修行や特訓)をすれば、次のレベルに上がることができるのか?明確にするということです。

 

人間は社会的な動物で他の人がいたり、ゲームの中に入っていることでより力を発揮します。

ですので、ゲーム感覚で競い合いながら、ビジネスをやっていくことをお勧めします。

 

具体的には、営業の場合、、

 

Aさん コール3 アポイント2 成約2

Bさん コール10  アポイント7 成約5

 

などと毎日競っていくんです。

 

このように数値で記載しながら、競っていくと楽しくビジネスをすることができます。

※意欲的でない人を無理やりゲームに参加させてもやる気を失わせるだけなので、始める前に同意は取り付けてください。

 

以上が、なぜビジネスはゲーム化すると上手くいくのか?でした。

 

 

 

The following two tabs change content below.

YUTA NOMIYAMA

愛知県立大学の英米学科卒業後、 いきなり父親が経営する溶接会社に就職。 銀行の立て直し、新規のクライアント探し, 給与の大幅UPを実現した。

コメントを残す