あなたの時間は奪われている?こんな紹介は絶対やめてほしい。

あなたのビジネスにおいて誰かから人を紹介いただけたらいいなと思いませんか?

 

テレアポを何回もするのではなく、効率的に誰かから適切な紹介を頂けたのだとしたら、

あなたのビジネスは短期間で成果を上げることができます。

 

では、なぜ多くの紹介が失敗に終わるのでしょうか?

せっかく打ち合わせの取付をして、商談をしたのに話が全然かみ合わない。

そしてこう思うんです、「私の紹介してほしかった人とかけ離れている」

 

こんな経験ありますよね?

 

私も本当にたくさんこの手の経験はしてきました。では、どのようにして紹介をしたり、紹介を受けたりしたら時間の無駄を省いて、質の高い商談をすることができるのでしょうか?今回はそのことについてお伝えします。

 

そのポイントは2つあります。

 

  • 誰が紹介者なのですか?
  • 何を依頼したいのですか?

 

この2つを明確化しなければ、適切な商談が行われる確率は、格段に下がります。

逆に言うと、この2つさえ押さえておけば、まず間違いない商談になります。

 

まずなぜ、誰が紹介者なのかが大切なのでしょうか?

それは、たいていの場合、ある人の回りにはその人と同じレベルの人が集まっていることが多いからです。

つまり、レベルが低い(人間としての価値がないとは違う、ビジネス能力や責任感のことを指す)の周りにはそういう人が多いので、注意した方がいいです。

 

会わない方がいいとまでは言いませんが、極力信頼できる人からの紹介を優先的に消化しましょう。

 

 

そして、依頼するためのポイントは、求めていることを具体的に数字に落とし込むという事です。

 

例えば、ヤマト運輸のドライバーを採用したい人はこのように聞いてみるといいのではないでしょうか?

 

私は、トラックの運転手さんを探しています。

具体的には下記の特徴を持っている人、知っている人がいれば紹介いただけないですか?

 

・深夜勤務が可能な人

・運転免許証を持っている人

・50kgの荷物を手で持てる人

・給与30万程度

 

です。

 

このように条件で絞り込むことにより、女性以外などと差別的な発言をする必要もありませんし、適切な人材が来てくれる可能性が高まります。

 

あなたが本当に自分の時間を大切に守りたいのだとしたら、このように条件を明確化していくことが大切です。

 

以上が、あなたの時間は奪われている?こんな紹介は絶対やめてほしい。でした。

 

 

The following two tabs change content below.

YUTA NOMIYAMA

愛知県立大学の英米学科卒業後、 いきなり父親が経営する溶接会社に就職。 銀行の立て直し、新規のクライアント探し, 給与の大幅UPを実現した。

コメントを残す