なぜ社員との関係が深まらないのか?

どうしたらより良い人間関係を気づいたらいいのか?

 

私自身もより良い人間関係を気づくことには苦労しております。

そしてすべての経営者がもっとよりよい人間関係を気づくにはどうしたらいいのだろうか?

どのようにしたら社員がより速いスピードで成長してくれるだろうか?そんな悩みを共有しているはずです。

その中で、まず初めにしないといけないのはなんでしょうか?

幹部層との意見のすり合わせ、及び会社の今までの変遷(つまり歴史)を理解することがスタートです。

 

なぜなら、何か大きな決定をする際にも、今までの経緯を踏まえなかったり、幹部の反対を押し切って無理やりやって

しまったらせっかくの企画が途中で空中分解してしまうからです。

 

そのため、まず幹部に自分の作りたい世界観を伝え、幹部の価値観や得たい成果を共有することが大切になってきます。

 

そのうえで、最後にやることは、社員とのコミュニケーションの接点を増やすことと、コミュニケーションの質を向上させることです。

 

いくらなんでも、毎日毎日会いながら悪口を言われれば人間関係は悪化します。

 

そうではなく、前向きな姿勢で社員との接点を増やすことが大切になってきます。

 

以上が社員とよりよい人間関係を気づくうえで気を付けるべきことです。

 

The following two tabs change content below.

YUTA NOMIYAMA

愛知県立大学の英米学科卒業後、 いきなり父親が経営する溶接会社に就職。 銀行の立て直し、新規のクライアント探し, 給与の大幅UPを実現した。

コメントを残す