なぜ、健康診断を過剰にやるのか?

なぜ、健康診断は必要なのでしょうか?

体が壊れて、病気になると、仕事もできなくなるし、人生も楽しくなくなるからですよね?

そうならないために、定期的に体の状態を見ていくことはとても大切です。

 

そして会社で健康診断を行うのは、法律にもなっています。

そんな当たり前のことなのに多くの会社がとりあえず受けておけばいいか?みたいな感じで中途半端な健康診断をします。

 

確かに法律にのっとってやっていますし、それ自体が悪いとは思いません。

でも、弊社でもどんなに若い時からでもしっかりとした健康診断を受けるようにしています。

なぜなら、いつどんな病気が社員のもとにやってくるのかわからないからです。

そして、実際にしっかりとした検診をしていれば社員も、その家族も安心することができます。

 

たった10,000円やそこらを1人当たりの投資としてケチるのは、得策なのでしょうか?

 

しっかりと社員の状況を毎年数字で把握し、どんな声をかけてあげればいいのか?どんなことに気を付けてあげればいいのか?などを

把握することも非常に大切な仕事となります。

 

ぜひ、大切な社員を守るために定期的かつ十分な健康診断を行うようにしてください。

 

以上が、なぜ、健康診断を過剰にやるのか?になります。

 

 

 

The following two tabs change content below.

YUTA NOMIYAMA

愛知県立大学の英米学科卒業後、 いきなり父親が経営する溶接会社に就職。 銀行の立て直し、新規のクライアント探し, 給与の大幅UPを実現した。

コメントを残す