町工場のHPはどう作ればいいんですか?

そもそも町工場にHPって必要なんですか?

そういう意見もよく聞きます。

 

しかし、個人的にはメリットがたくさんありますし、最近は安価作れるようになったので、お勧めしております。

 

では、作る2つのメリットを伝えたのち、どんな内容を入れていけばいいのか?お伝えします。

 

①町工場なのに作っていると何となく信頼される。

ほとんどの町工場は今だにHPをもっていないところがほとんどです。なのである程度しっかりしたHPがあるだけで、

「お、なんかしっかりしている会社だな」という印象を与えることにつながります。

つまりお客様から信頼を得やすいということです。

 

②営業ツールの補助になる。

口下手だったり、細かいことを伝えられなかったとしても大丈夫です。

写真をふんだんに使い説明文さえあれば、あなたがそこまで上手く説明しなくても相手は納得してくれます。

 

それでは、どんな風に作っていけばいいのでしょうか?

 

作り方は簡単です。

 

お客様が必要としている情報のみを載せる!ただそれだけです。

 

町工場を例に出すのであれば、工場の大きさ、主要設備、技術力、従業員数、主要取引先などを知りたいはずです。

 

その情報だけに絞り、あなたがHPを作ったなら、お客様から大変喜ばれ、ぜひあなたに発注したいと思われるものができあがります。

 

以上が、町工場のHPはどう作ればいいんですか?の回答となります。

 

The following two tabs change content below.

YUTA NOMIYAMA

愛知県立大学の英米学科卒業後、 いきなり父親が経営する溶接会社に就職。 銀行の立て直し、新規のクライアント探し, 給与の大幅UPを実現した。

コメントを残す