将来の安心のために中退共をお勧めしない理由

中退共とは中小企業のための国の退職金制度です。

つまり、簡単に言えば中小企業向けの退職金制度です。国の制度なのでよっぽど破たんするなどということがないですし、
従業員にも国の保険に入っているといえば、もちろん安心してくれます。

 

では、どうしてお勧めできないのでしょうか?
それは、中退共特有のルールがあるためです。

ここでは、基本的な民間の退職金保険と比較しながら、中退共について説明していきたいと思います。

中退共の特徴

 

①全額損金に計上できる。

つまり、すべての費用を経費に算入することができるという意味です。民間の保険ですとほとんどの場合が、半分が経費になり、
半分は経費にならない(1/2損金)です。
半分しか経費にならないということは、退職金保険の費用のうち、経費にならずに現金は減るという現象になりますので、
資金繰りが厳しい会社にはお勧めできません。

例)100万円の保険をかける場合、50万円が経費として計上、残りの50万円は資産として計上になります。

つまり現金100万円は①50万円の経費 ②50万円の資産へと割り振られるのです。

 

②国の補助が受けられる。

そのため支払い金額が少なくても、得をすることができる。

 

③解約したときに、従業員の口座に資金が振り込まれる。

民間ですとほとんどの場合が、会社の口座に振り込まれて、従業員やその家族の口座に行くことはありません。

しかし、中退共は「どんな理由で辞めても」確実に、従業員の口座に入っていくんです。

 

つまり、会社が厳しくて解約したかったり、なぞの理由で辞めた社員にも支払いの義務が生じるということです。

これは非常に、経営上あぶないので、保険会社と中退共を組み合わせるという方法を私はおすすめしております。

 

以上が、将来の安心のために中退共をお勧めしない理由でした。

The following two tabs change content below.

YUTA NOMIYAMA

愛知県立大学の英米学科卒業後、 いきなり父親が経営する溶接会社に就職。 銀行の立て直し、新規のクライアント探し, 給与の大幅UPを実現した。

コメントを残す