利益は出ているんだけど、借金が返せないあなたへ

あなたは、多額の借金を負って自分の事業に嫌気がさしていませんか?

どれだけ頑張っても、キャッシュは一向に増えないし、なんともならない。どうしよう?と思っていませんか?

無借金であれば、当然利益が出ていれば現金が増えていくんですが、ほとんどの企業は借金があります。

そして債務が膨らんで来れば来るほど利益をどれだけ出しても借金が増える。頑張っても何ともならない底なし沼に突っ込む状態になっていきます。

 

そんな時に検討していただきたい2つの方策についてお伝えします。

 

①借入金の追加もしくは、借入期間の延長、利息のみ返済への切り替え

 

通常は、リスケと呼ばれるスキームを用います。会社を立て直しながら借金も頑張る。と考えるのではなく、

いっそのこと借金を先延ばしにして、目先の現金を増やしていくことを追及するんです。

そうすれば、現金が手元にある状態が増えて、支払いや経営が安定してきます。

 

もちろん追加での借り換えや借り増しが難しいなどのデメリットもありますが、

もうこのままでは無理だと感じたのなら検討の余地は多いにありかと思います。

 

②役員が退職する。

後継者がいる場合にこれは可能になります。

保険や倒産防止共済などで、損金を作り会社の利益を減らしておきます。

そして、そのお金を役員が退職したときに解約するというスキームです。

さらに再度そのお金を会社に貸し付ければ、資金繰りの大幅な改善が見込めます。

 

これらの施策を打っていきながら、会社の再起の為に努力したのならば、かならずあなたの素晴らしい経験を作ってくれると思います。

 

以上が、利益は出ているんだけど、借金が返せないあなたへでした。

The following two tabs change content below.

YUTA NOMIYAMA

愛知県立大学の英米学科卒業後、 いきなり父親が経営する溶接会社に就職。 銀行の立て直し、新規のクライアント探し, 給与の大幅UPを実現した。

コメントを残す