保険の前にこっち!!倒産防止共済とは?

社長(後継者)は、ただ業務ができるだけでは、経営をすることはできません。

 

今の時代は情報化時代ともいわれ、必要な情報を仕入れていないと、いくら努力しても正しい選択ができないことがあります。

どうせ一生懸命努力するなら報われた努力をしたいですよね。

 

色々知らないといけない事はあるのですが、その中でも会社の財務体制の安定にぜひ使うべきアイテムが倒産防止共済です。

 

これは国の制度で、1言で表すと、、、

「連鎖倒産を防ぐための仕組み」になります。

どういうことかというと、自分のお客さんが倒産して、金銭を払えないときに国から、資金が降りてくるのがこの制度の特徴になります。

 

条件はありますが、最大8000万円までの資金がすぐに入ってきます。

つまり取引先の経営状況について、過度に心配する必要がなくなる制度と言えます。

細かい加入条件や、掛け金の仕組みは、下記から確認して下さい。

 

http://www.smrj.go.jp/tkyosai/index.html

 

重要なのはここからになります。

 

この仕組みは節税と財務安定にも使えるアイテムとなります。

 

どういうことか?

倒産防止共済は、全額損金に算入でき、年払いも可能です。

つまり、決算前に利益が出すぎた際に、年払いしておけるんです。そして、ご自身が退職するときや、

会社の赤字が出た時に倒産防止を解約すれば、結果的に税金を払わずに資金を調達できます。

 

月払いの場合は20万円まで払うことができますが、ぜひ掛け金の設定や解約タイミングなどは、ご相談いただけたらうれしいです。

 

 

以上が、保険の前にこっち!!倒産防止共済とは?でした。

The following two tabs change content below.

YUTA NOMIYAMA

愛知県立大学の英米学科卒業後、 いきなり父親が経営する溶接会社に就職。 銀行の立て直し、新規のクライアント探し, 給与の大幅UPを実現した。

コメントを残す