職人経営者2つの問題点とは?

製造業では特に職人上がりの経営者がいます。 その中にはうまくいっている人もいますし、うまくいってない人もいます。 どうして上手くいく人といかない人に分かれるのか?どうしたら失敗せずに済むのか?について2点まとめてみます。 https://youtu.be/pcR6klaV84w ①自分の基準を社員に無理やり押し付ける。 大抵の職人経営者は、自分がで

続きを読む

経営者がセミナーに出るべき3つの理由

経営者(後継者)は、積極的にセミナーに参加すべきです。 なぜかというと大きく以下の3つの理由があります。 https://youtu.be/stKAfj3cg1w ①普段の環境と違うため、アイデアが出やすい。 セミナーの種類にもよりますが、座学でセミナーに参加している場合は、会社の将来をどう描くのか? セミナー中に共有される成功体験や成功例をどのように、自社に活かせばいいのか?そ

続きを読む

社員との食事を失敗させない3つの方法

経営者(後継者)であれば、社員とのコミュニケーションを図るために食事に誘うことがあると思います。 そしてその時に、しっかりと下記の3つのルールを守らなければ、せっかくの機会が逆効果になってしまいます。 https://youtu.be/TNbCZGFSz5Y ①社員を無理やり食事に誘わない。 経営者というのは確実に強制力を持っている場合がほとんどです。 なぜなら、人事評価や仕

続きを読む

なぜ社員との関係が深まらないのか?

どうしたらより良い人間関係を気づいたらいいのか? 私自身もより良い人間関係を気づくことには苦労しております。 そしてすべての経営者がもっとよりよい人間関係を気づくにはどうしたらいいのだろうか? どのようにしたら社員がより速いスピードで成長してくれるだろうか?そんな悩みを共有しているはずです。 https://youtu.be/B2uBSuSItG0 その中で、まず初め

続きを読む

コンサルティングを受けるとどんな効果がありますか?

なぜコンサルティングを受ける必要があるのでしょうか? コンサルティングを受けなかった場合、何を失うのでしょうか? コンサルティングというのは、専門知識をもとに論理的にクライアントの問題解決を助けるアドバイザーです。 つまり、自分では知りえなかった情報や気づけなかった観点の補完として機能します。 これらをやらなければ、独りよがりの経営になったり、ある一定の箇所から

続きを読む

後継者育成もお願いできますか?

なぜ、世の中の後継者は育たないのか? どうして親の七光りといつまでも言われるのか?そう聞かれることもあります。 その場合は、大きく2つの可能性があると思います。それを解決するお手伝いをすると結果的に育成につながるかと思います。 https://youtu.be/v2tlWhydpNA まず1パターン目 「社長がいつまでも口を挟み続けるというパターン」 経営者は、刻々と変わる

続きを読む

外国語に対応していますか?

英語のみ対応しております。 なぜかといういと、私が外国語学部英語学科の出身だからです。 そのため、海外クライアントの会議に同席してほしい、コンサルティング中に外国人も同席させたいなどの要望にお応えすることもできます。 https://youtu.be/g_r3bzNPgyI しかし、やはり英語は微妙なニュアンスもありますので、事前にしっかりと打ち合わせがない場合は、

続きを読む

後継者候補も受講できますか?

もちろん可能です。 後継者の育成問題は非常に大切だと思います。 特に私自身、現在の会社は父親から継承しております。 むしろそういう方の教育が私の本業になります。先代との意見のすり合わせ方、ともに仕事をしていく方法等々、 お悩みが共有できることがたくさんあると思います。 では、なぜ後継者を育成するべき必要があるのか?大切な教育を外部に委託するべき

続きを読む

たくさんコンサルタントがいますが、何が違いますか?

世の中には、実に多様なコンサルタントがいます。 経営コンサルタント、営業コンサルタント、恋愛コンサルタント、整理整頓コンサルタント等々です。 なるって言った瞬間、だれでもなれるのも特徴です。 https://youtu.be/8r0AjVqL7Vk そして自分が本当に経験した内容を伝える人もいれば、嘘とかごまかしをする人もいます。 クライアントの成功にコミットして

続きを読む

営業エリアはどこですか?

愛知、三重、岐阜、静岡を含む東海4県です。 経営者さんには、新たな考え方や新しい知識を身に着けていただきます。 それを使っている中で、社員が変な反応をしめすときがあります。 https://youtu.be/pqLeIpWD3DA 1つ目は、社員側が受け取れる状態にないこと。 2つ目は、使い方がまずいパターンです。 多くの場合は、使い方がまずいパターンが多い

続きを読む